ソーシャルレンディング投資にお勧めの銀行

2016年05月04日(水)01:39

大手証券会社と取引を行う場合と異なり、多くのソーシャルレンディング会社では銀行口座から入出金を行う場合、手数料が必要となります。

またその手数料は出金時に最大756円も掛かってしまい、投資で得られる配当金から考えても意外と馬鹿になりませんので、自分が投資を行うソーシャルレンディング会社と同じ銀行に口座を開設しておくことをお勧めします。

このため実際にどの銀行を開いておくべきか検討しやすいように、各ソーシャルレンディング会社が使用している銀行をまとめてみました。
 

ソーシャルレンディング会社 銀行 3万円未満 3万円以上 備考
指定支店 他支店 他行 指定支店 他支店 他行
SBIソーシャルレンディング 三井住友銀行 420円
ラッキーバンク 三井住友銀行 無料
maneo 三菱東京UFJ銀行 108円 108円 540円 324円 324円 756円
LC Lending 三井住友銀行 108円 216円 540円 216円 216円 756円
ガイアファンディング 三井住友銀行 108円 216円 540円 216円 216円 756円
クラウドリース 三井住友銀行 108円 216円 540円 216円 216円 756円
スマートレンド 三井住友銀行 108円 216円 540円 216円 216円 756円
クラウドバンク みずほ銀行 無料 原則1000円以上で出金
OwnersBook 三菱東京UFJ銀行 300円
トラストレンディング 楽天銀行 無料 自分の口座に直接振り込み
クラウドクレジット 三井住友銀行 無料 自分の口座に直接振り込み
スマートエクイティ 商品により異なる
J.Lending 不明
AQUSH ジャパンネット銀行 54円 54円 172円 54円 54円 270円 インターネットバンキングの場合


こうやって見ると三井住友銀行を利用している会社が多いことが分かりますので、ソーシャルレンディング投資を行う場合は三井住友銀行の口座開設は必須と言えそうです。

他にはmaneoさんで投資を行う方が多いと思いますので、三菱東京UFJ銀行も開設しておいた方が良いでしょうか。

また各会社の口座に入金する際には他行への振込手数料無料回数が多い銀行の口座も持っておいた方が良いため、野村信託銀行(月10回)、住信SBIネット銀行(月1〜15回)、楽天銀行(給与振込で月3回)辺りの何れかの口座を持っておくと良いと思います。

また住信SBIネット銀行ではスマートプログラムのランクにより無料回数が異なりますが、毎月の振込手数料無料回数が7回となるランク3とするために一番楽な方法は、SBIゴールドカードを作っておく方法だと思います。

年会費が3,000円(翌年から5,000円)掛かるのが難ですが、各ソーシャルレンディング会社に毎月に分けて分散投資を行うような投資スタイルを考えている場合は、元も取れると思いますのでお勧めします。



コメント欄