ソーシャルレンディング会社紹介「ラッキーバンク」編

2016年06月16日(木)19:28

このページではラッキーバンクさんで投資を始める際に役に立ちそうな情報をまとめています。

ラッキーバンクについて

クラウドクレジットさんは2014年にサービスを開始した若めのソーシャルレンディング会社さんです。



サービスを開始してからはまだ1年半程度ではありますが、「全案件、不動産担保付で、安心・安全」をモットーとしているにも関わらず予定利回りも10%前後と高利回りのファンドの募集を行っており、募集が開始されるとわずか数分間のうちに募集が完了してしまう、「瞬殺」状態が毎回のように発生しています。
 

主な取り扱いファンド

常設ファンドといった形のファンドはありませんが、ここ最近は主に東京都の既設オフィスビルや宿泊施設に対してコンバージョン(フルリノベーションやテナントの入れ替え)を行って再販するプロジェクトを取り扱うことが多いようです。

参考までに、過去に募集されていたプロジェクトを数点ご紹介します。
 

種類 利回り 運用期間 最低投資金額 主な特徴
東京都千代田区1棟オフィスビルコンバージョンプロジェクト 10.1〜10.5% 14〜18ヶ月 8万円〜 東京都千代田区のオフィスビル1棟を取得し、フルリノベーション(コンバージョン)を施した後にテナントリーシングを完了し一般市場へ売却を行うプロジェクトでした。
東京都台東区1棟宿泊施設コンバージョンプロジェクト 10.0〜10.8% 11〜17ヶ月 6万円〜 東京都台東区宿泊施設を取得後に、フルリノベーション(コンバージョン)を施します。その後、テナントリーシングを完了し、一般市場へ売却を行うプロジェクトでした。
千葉県市川市戸建住宅販売プロジェクト 9.3〜9.5% 11〜13ヶ月 11万円〜 千葉県市川市内に所在している完成宅地に設計と建築プランを導入し、住宅購入者への売却を行うプロジェクトでした。

※実際には各ファンドは2つのプロジェクトから構成されますが2つ目は全体に対する割合が小さいため省略します。
※利回りは○○億円突破記念などの際に少しあがる傾向にあるので狙ってみるのも良いと思います。

同系列ファンドの中でリスク調整が可能

ラッキーバンクさんで募集されるファンドのメイン案件はだいたい複数回数募集の案件に分かれていますが、同じ系列のファンドの中でも運用期間により利回りが高いものと低いものとがある場合があります(他のソーシャルレンディング会社さんのファンドでは同じ利回りとなっていることもあります)。

またその傾向としては運用終了日が早ければ早いほど利回りが低くなる傾向にあり、同じ投資時点から考えると投資期間が1ヶ月でも短い方が景気影響を受けにくくなることと、投資先会社の余剰金が残っている可能性が高くなることあたりから利回りが短くなっているのだと思われます。

このため、ラッキーバンクさんで投資を行う場合はある程度自分の好みに合わせたファンドを狙うこともできるのですが、その時のファンドによっては後に募集される案件の方が利回りが高くなる場合と、逆に低くなる場合がありますので、その辺は多少慣れと読みが必要になります。

ただし最初の1〜2回募集を見れば傾向がつかめることが多いためそこまで難しく考えなくても良いと思います。
 

手数料について

  1. 口座開設手数料/口座維持手数料/成約時手数料はありません。
  2. 投資口座への振込は投資家が支払う必要があります( 入出金口座について 参照)。
  3. 投資講座から投資家の銀行口座への振込みはラッキーバンクさんが負担してくれます。
  4. 運用手数料は投資先への貸付金利と投資家への利回りとの差額で支払われています。

入出金口座について

ソーシャルレンディング会社は入出金手数料が無料とは限らないため会社ごとに合わせた口座を用意しておくことで無駄な手数料の支払いを避けることができます。

こちらについては情報を ソーシャルレンディング投資にお勧めの銀行 にまとめています。

投資口座開設方法

クラウドクレジットさんのトップページ右手にある下記の会員登録ボタンから投資家情報登録画面に進んで下さい。



その後の主な流れは次の通りとなります。

  1. 画面上での投資家情報の入力
  2. 必要書類の2種類(本人確認資料)の送付
  3. ラッキーバンクさんから投資家さん自宅への本人確認キーが記載されたはがきの郵送
  4. <ラッキーバンクさんでの本人確認キーの入力


本人確認資料としては次の何れかを用意しましょう。

  • 運転免許証
  • 住基カード・外国人登録証明書
  • パスポート




コメント欄