1/2キャンペーンの効果は販売額2倍!

2016年08月17日(水)23:50

伊藤忠商事が出資している海外投資を中心としたソーシャルレンディング会社のクラウドクレジットさんがこの度めでたく「累計成約ローン総額10億円を突破」しました!

 

今年はソーシャルレンディング各社でユーザ数○○人突破!や、累計ローン額△△億円突破が多く、この投資方法が順調に知名度を上げてきていると強く感じられます。

 

話をクラウドクレジットさんに戻しますと、サービス開始は2014年6月という事で2年2ヶ月での達成、かつ下図の通り公表されているデータを見ると徐々に毎月の販売額を増やしており順調にサービスが推移していることが分かります(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

またこのグラフのうち気になるのが先々月の6月に月次販売額が異様に伸びており、その前後の月の販売額が4月よりも低くなっている点についてですが、6月は何をやっていたか調べてみると「開業2周年記念1/2キャンペーン」が実施されていた月でした。

 

前々月の販売額約9,000万円に対して6月の販売額が1億8,000万円程度となっておりましたので1/2キャンペーンの効果により2倍近い販売額を稼げたということですね(5月は1/2キャンペーンの事前周知により落ち込み、7月も投資家の余裕資金の減少による落ち込みがあったようですが)。

 

またこちらのキャンペーンでは本来クラウドクレジットさんが受け取る手数料の1/2を投資家の利回りに還元することにより、この時の募集ファンドで最大利回り13.6%(【ソル建て】ペルー小口債務者支援プロジェクト1号)という脅威の利回りを提示されていたことは記憶に新しいかと思います。

 

この利回りは正直なところ最近のネット銀行の定期預金利回りが0.3%程度であることを考えるとその45倍程度もあり、本当に驚異的な利回りでしたよね。

 

さてそんなクラウドクレジットさんでは本日締切なのでまだ口座の無い方は投資できないとは思いますが、この利回りを更に超える14.6%のファンドの募集すらあります。

 

かく言う私もこちらのファンドは為替ヘッジが付いていなかったため、投資申込をギリギリまで迷っていましたが、つい先ほど最低申込金額の5万円だけですが申込を行ってしまいました!

 

また逆にリスクを抑えた案件で利回りがその1/2程度の6〜8%からのファンドもありますので、クラウドクレジットさんは個人個人のリスク嗜好によって好みのファンドを選べるソーシャルレンディング会社さんかと思います。

 

それ以外にも個人的には他のソーシャルレンディング会社さんが国内あるいはアメリカへの投資が多い中、ヨーロッパやカメルーン、ペルーなどにも投資するチャンスがあることが魅力のソーシャルレンディング会社さんではないかと考えています。

 

そのような訳で国内ソーシャルレンディング投資だけに飽きている方や国際的な投資に目を向けたい方は投資を検討してみては如何でしょうか。

 



コメント欄